製品紹介

 

Neutral

クリアorホワイト

One Piece
上顎をしっかりと覆う一体型
◆ 上顎を覆うため口腔内をしっかりサポート
image
Two Pieces
上顎の両奥歯に装着する分割型
◆ 両奥歯のみの装着で負担が少ない着け心地 ◆ 前から見えにくいタイプで外出時も気軽に装着できます
image

Neutral HC (ヘルスケア)

クリアorホワイト

One Piece
上顎をしっかりと覆う一体型
◆ 上顎を覆うため口腔内をしっかりサポート
image
Two Pieces
上顎の両奥歯に装着する分割型
◆ 両奥歯のみの装着で負担が少ない着け心地 ◆ 前から見えにくいタイプで外出時も気軽に装着できます
image

Neutral NC (ナイトケア)

クリア

One Piece
最小限の違和感で快眠へ導く
◆ 気道が広がり呼吸がしやすい ◆ 歯ぎしり予防しながら咬み合せが整う
image

カスタムオーダー

◆ サイドへのロゴ、イニシャルなど ◆ 素材ベースの色を変えるなど ※ Neutralの製品はすべてオールハンドメイドです。 ※ 事前にご要望やイメージがございましたら、イラストや写真をご持参いただくとスムーズです。 ※ 製品種類やサイズによっては対応できかねる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

製作の流れ

Flow
  • step 1
    問診票の記入(事前にネット記入がお済でない方)
    日々の生活や体の状況などについてお伺いします。
  • step 2
    カウンセリング
    お体のお悩みヒアリングや状態チェックを行います。
  • step 3
    Neutralの説明
    製品を安心してご使用いただくために詳細をご案内いたします。
  • step 4
    製品の選択
    各種製品の説明後ご希望の内容やオプション・カスタマイズをお選びください。
  • step 5
    採得
    専門医師・歯科医師らが正しい姿勢を整えた状態をつくり咬み合せや歯型を採ります。
  • step 6
    受け渡し方法や製作期間のご相談と完成までのお日にちや受け渡し方法 (直接お受け取りまたは郵送)のご案内
    ※ 通常は直接のお渡しをおすすめしております。 その場ですぐ装着感を確認いただくことでより安心してお使いいただけます。 遠方にお住まいの方やお時間をつくることが難しい方、2回目以降の方などには郵送でも承ります。

使い方&お手入れ

How to use & care

毎日のお手入れが大切な理由

汚れたマウスガードを装着していると、お口の中の細菌が繁殖し虫歯や歯周病のリスクが高くなります。 またカビの一種や匂いの原因菌が繁殖し、病気や口臭の原因にもなります。

水洗い(日々のお手入れはこれでOK)

指でやさしくこすりながら水道水で洗います。 ※ 熱に弱いため、熱湯消毒・煮沸消毒は変形してしまいます。

専用の洗浄剤(つけ置きタイプ・泡タイプ)

◆ つけ置きタイプ:水かぬるま湯に洗浄剤を溶かし、マウスガードを入れるだけで洗浄できます。 ◆ 泡タイプ:泡の洗浄剤をかけて1分程度で汚れを落とすことができます。持ち運びに便利な手軽なサイズがあり、外出先でも使いやすいです。 ※ 専用洗浄液はドラッグストアなどで販売されています。 ※ 中性洗剤でも代用できます。 ※ 水洗いで落としきれなかった汚れを落とすため、週に1回程度洗浄剤を使用するのがおすすめです。 ※ 長く浸けすぎるとマウスガードが劣化してしまうので、規定のつけ置き時間でご使用ください。 ※ 洗浄液の種類によってはマウスガードが変色する恐れがあります。短時間の使用からお試しください。

気になる汚れや細かい隙間汚れは部分洗い

綿棒などやわらかいものでやさしく擦り洗いしてください。

歯ブラシや研磨剤の入った歯磨き粉などは使用しないでください。 マウスガードを傷つけてしまい、菌や汚れの温床になる恐れがあります。

保管方法、そのほか注意点など

高温にさらしたり、急激な温度変化を避けてご使用ください。

◆ 熱に弱いので、変形してしまうことがあります。 ◆ 直射日光は避けてください。 ◆ 熱湯で洗浄したり、ヘアドライヤー等の熱風を当てたり、サウナ等では使用しないでください。 ◆ 高温になったアイロン、油、ストーブなどには近づけないでください。 ◆ 夏の炎天下の車内は70℃~80℃にもなります。車内に長時間放置はしないでください。

専用ケースに入れて保管すれば、変形・破損・紛失のリスクを減らせます。

【紛失・破損例】 ◆ ティッシュに包んでおいたら家族が捨ててしまった。 ◆ 外食時ティッシュに包んでテーブルに置いていたら店員さんが持って行ってしまった。 ◆ 犬にかじられて破損してしまった。

喫煙や色素の濃い飲み物・ポリフェノールを多く含む物 (コーヒー、紅茶、緑茶、赤ワイン)を飲む際はご使用を避けてください。

マウスガードの変色・着色の原因となります。

食後は歯磨きをしてからマウスガードを装着してください。

食後の食べ残しが残ったままマウスガードを装着しているとマウスガードが汚れます。

歯科医院にて定期的なクリーニングや検診を心がけてください。

マウスガード製作後に虫歯治療などを行うとマウスガードがフィットしなくなる恐れがあります。
logo

PAGE TOP