使用上の注意&お手入れ方法

毎日のお手入れが大切な理由

汚れたマウスピースを装着していると、お口の中の細菌が繁殖し虫歯や歯周病のリスクが高くなります。またカビの一種や匂いの原因菌が繁殖し、病気や口臭の原因にもなります。

 

お手入れ方法

水洗い(日々のお手入れはこれでOK)
指でやさしくこすりながら水道水で洗います。
※熱に弱いため、熱湯消毒・煮沸消毒は変形してしまいます。

専用の洗浄剤(つけ置きタイプ・泡タイプ)
・つけ置きタイプ:水かぬるま湯に洗浄剤を溶かし、マウスピースを入れるだけで洗浄できます。
・泡タイプ:泡の洗浄剤をかけて1分程度で汚れを落とすことができます。持ち運びに便利な手軽なサイズがあり、外出先でも使いやすいです。
・中性洗剤でも代用できます。
※水洗いで落としきれなかった汚れを落とすため、週に1回程度洗浄剤を使用するのがおすすめです。
※長く浸けすぎるとマウスピースが劣化してしまうので、規定のつけ置き時間でご使用ください。
※洗浄液の種類によってはマウスガードが変色する恐れがあります。短時間の使用からお試しください。

気になる汚れや細かい隙間汚れは部分洗い
綿棒などやわらかいものでやさしく擦り洗いしてください。
※歯ブラシや研磨剤の入った歯磨き粉などは使用しないでください。マウスピースを傷つけてしまい、菌や汚れの温床になる恐れがあります。

 

保管方法、そのほか注意点など

■高温にさらしたり、急激な温度変化を避けてご使用ください。
⇒熱に弱いので、変形してしまうことがあります。
・直射日光は避けてください。
・熱湯で洗浄したり、ヘアドライヤー等の熱風を当てたり、サウナ等では使用しないでください。
・高温になったアイロン、油、ストーブなどには近づけないでください。
・夏の炎天下の車内は70℃~80℃にもなります。車内に長時間放置はしないでください。

■専用ケースに入れて保管すれば、変形・破損・紛失のリスクを減らせます。
⇒紛失・破損例
・ティッシュに包んでおいたら家族が捨ててしまった。
・外食時ティッシュに包んでテーブルに置いていたら定員さんが持って行ってしまった。
・犬にかじられて破損してしまった。

■喫煙や色素の濃い飲み物・ポリフェノールを多く含む物(コーヒー、紅茶、緑茶、赤ワイン)を飲む際はご使用を避けてください。
 ⇒マウスピースの変色・着色の原因となります。

■食後は歯磨きをしてからマウスピースを装着してください。
 ⇒食後の食べ残しが残ったままマウスピースを装着しているとマウスピースが汚れます。

歯科医院にて定期的なクリーニングや検診を心がけてください。
⇒マウスガード製作後に虫歯治療などを行うとマウスガードがフィットしなくなる恐れがあります。

© 2021 Neutral